症状が出たら早急に適切なところで相談しよう

多くの人がかかる症状

診察 マリッジブルー症状にかかる人にとっては結婚式が苦痛となっていると思われます。ですが自分自身に自信を持つことや新たな目標を立てることで、この症状から抜け出すことも可能になります。積極的な考えになることも、必要と思われます。

詳しく見る

幸せを追求する

診察 結婚が決まるとマリッジブルー症状になる人がいるのは、女性は受身になっていることが多く苗字なども変化をします。あまり酷くならないようにするには、専門の心療内科などでカウンセリングを受けることも必要となります。

詳しく見る

男性にも多く見られます

悩む男性 マリッジブルー症状は、女性に多く見られますが、男性も罹ることがあります。男性は配偶者や子供を守る責任や、重圧などでストレスを感じやすいです。パートナーに冷たい態度を取ってしまったり、イライラしやすい人は、精神科や心療内科を受診しましょう。

詳しく見る

女性にやや多い傾向がある

カウンセリング 結婚はパートナーと一生添え遂げるという意味があるので、プレッシャーや重圧を感じている人が少なくありません。マリッジブルー症状は女性に多いですが、男性にも見られます。辛い症状で悩んでいる人は、精神科や心療内科を受診して下さい。

詳しく見る

症状を確認する

カップル

どんな症状が出たら危険なのか

マリッジブルー症状で悩んでいる人は信頼できる人に相談してみることをおすすめします。誰でも結婚が決まると不安が出てくることはあるものです。そのため、既婚者に相談してみるといいかもしれません。一番身近な既婚者といえば両親になるでしょう。女性なら母親、男性なら父親というように同性に相談してみましょう。しかし、いくら相談してみてもマリッジブルー症状がおさまらないという人もいます。マリッジブルー症状というのはいろいろあり、重度となってしまうと自殺願望が出てしまうこともあるので大変です。そうならないようにするためには、早期に解決するしかありません。破談にしたかったり自殺願望が出てきたりしたら、ここは専門科に相談してみましょう。専門科というのは心療内科もしくは精神科です。マリッジブルーごときで専門科にかかるのは抵抗があるという人もいますが、症状が重たいのならそうは言っていられません。受診することに抵抗があるのなら、無料の電話相談を利用してみるのもいいでしょう。電話相談は無料であっても親身的に回答してくれます。專門の医師が対応してくれるので安心です。また、症状がおさまるまで旅行をするなど気分転換をしてみるのもいいでしょう。

結婚が決まると多くの人は幸せな気持ちでいっぱいになります。しかし、それが一段落すると急に反対の症状が出てくることがあるのです。これがいわゆるマリッジブルーという状態です。マリッジブルーになってしまうのは不安が大きいからです。結婚によっていろいろと変わることもあるでしょう。そのため、特に女性にマリッジブルー症状が現れる人が多くなっています。もし、マリッジブルー症状が出たとしても慌てることはありません。時期が来ればまた幸せいっぱいの自分に戻れることが多いからです。結婚までの期間、一時的に落ち込んでしまうだけなのでしばらく様子を見てみましょう。問題なのはマリッジブルー症状によって日常生活に支障が出てしまうことです。何もやる気が起きなかったり、仕事を休んでしまったりするようでは困ります。特に結婚相手と喧嘩をしてしまって破談になりそうだというのでは大惨事です。そうなる前に適切なところで相談してみるのもいいかもしれません。まず、身近な信頼できる人に相談してみましょう。もちろん結婚相手ではなく両親や兄弟、親友などが対象となります。人に話すことで気分が落ち着くこともあるからです。それでも改善しないようなら心療内科や精神科でカウンセリングを受けてみるのもいいでしょう。

Copyright© 2019 症状が出たら早急に適切なところで相談しよう All Rights Reserved.