症状が出たら早急に適切なところで相談しよう

男性にも多く見られます

悩む男性

結婚に対するプレッシャーや不安などが要因

マリッジブルーは、女性に多く見られますが、男性もマリッジブルー症状で悩んでいる人が少なくありません。結婚をすると、お子様や配偶者などの家族が増えるので、経済的な不安やプレッシャーを感じることも多いです。結婚を決めてしまったけれど、パートナーに不満を感じており、後悔をしている人もあります。マリッジブルー症状は憂鬱な気分になったり、食欲不振や不眠、意欲の低下などが見られます。パートナーに冷たい態度を取ったり、イライラして怒りっぽくなることもあります。辛い症状で悩んでいる時は、精神科や心療内科を受診して、カウンセリングを受けるのもお勧めです。カウンセリングを受けることで、精神的に楽になることもあります。既婚者の友人や家族に、不安や悩みを聞いてもらうのもお勧めです。既婚者のアドバイスを受けることで、マリッジブルー症状が改善した人も多いです。うつの症状が出ている時は、パートナーと少し距離を置いたり、十分な休息や睡眠を取ることも大事です。結婚を決めた男女は、ほとんどの人が環境の変化や、家族と離れることに不安を感じています。身近に頼れる人がいない場合は、精神科や心療内科を受診することで、適切な治療を受けることが出来ます。

女性は男性に比べると、環境の変化に敏感な人が多い傾向があります。自分の姓が変わったり、仕事を辞めたりすることに不安を感じていることも多いです。人間は変化を好まない性質を持っているため、多少はマリッジブルーの症状が出ることもあります。辛い症状で悩んでいる時は、パートナーと話し合うようにしたり、適度に趣味や娯楽を楽しむことも大事です。挙式や披露宴の前は、結婚指輪を購入したり、新居を探すなどのやるべきことがたくさんあります。結婚の準備は大変なので、過度にストレスが溜まってしまうことがあります。やるべきことがたくさんあるのに、意欲や気力が低下してしまい、準備がなかなか進まないこともあります。マリッジブルー症状は、悪化すると婚約破棄の原因になったり、うつ病を発症することもあります。女性の場合は、家族や親しい友人と離れることに不安を感じていることが多いです。精神科や心療内科では、カウンセリングや認知行動療法などの治療が受けられます。認知の歪みを改善することで、マリッジブルー症状が改善することもあります。症状が重い時は、結婚式や披露宴を延期することも検討する必要があります。結婚は一生パートナーと添い遂げるという重い意味があります。病院に行く前に、無料の電話相談を利用するのもお勧めです。

Copyright© 2019 症状が出たら早急に適切なところで相談しよう All Rights Reserved.