症状が出たら早急に適切なところで相談しよう

多くの人がかかる症状

診察

意志を強く持つことも

マリッジブルー症状にかかってしまう人、相変わらず多いようですが、その要因は大きく変わって来ていると言われます。マリッジブルーが言われるようになった時代では、結婚して相手方の親と一緒に住むことに自信がないと言った理由が多かったのですが、最近の若い人は主婦業に自信を持てないと言う人が多くなっています。働くママが増えたことで、子育てに自信を持てないと言う人が非常に多く聞かれます。つまり仕事と子育ての両立が難しいと考える人が多く、イザ結婚となった時に二の足を踏む状況になる人が増えているのです。また仕事に充実さを感じている人も、結婚間近になると不安な気持ちが増してくることもあるようです。結婚して二人の生活になることで、自分自身の自由度が少なくなってしまうなど、仕事と家庭のバランスを保つことに自信を持てないと言う人もみられます。ですが多くの人はこのマリッジブルー症状を乗り切っています。多くは取り越し苦労だったと感じるようで、結婚後も無事乗り切っている人が多いのも現実です。そこにはダンナ様の協力があったり、友人たちの励ましなどがマリッジブルー症状から抜け出せる要因となっているようです。更には自分自身で新たな目標を立てることも効果的と言われます。

結婚を間近に控えた時や結婚直後に起こる病に、マリッジブルーが症状あります。精神的な病であり、その理由には多くの原因が考えられます。全くの他人と一緒に暮らすことになり生活習慣の違いを克服出来るのかとか、二人切りの生活が始まることで将来への不安、更には親と離れる喪失感などが言われています。最近の若者たちは結婚前に同棲する人が多くなり、これら症状に陥る人は少なくなっていると言われるようになっていますが、恋愛経験が少ないとされる人達には、いつ起こり得てもよい症状です。また結婚後に起こる原因として新婚旅行があります。最近ではあまり聞くことがなくなった「成田離婚」ですが、海外での新婚旅行中に互いの信頼を築くことが出来なく、飛行機を降りた時には別々の行動をとってしまうパターンです。このマリッジブルー症状は女性に起こることが一般的ですが、中には男性もこの症状にかかることがあります。女性の方が多いと言う理由には、男性より環境の変化に対し敏感になる人が多いとされることです。結婚を受け身として考える女性が多いことも、覚悟が出来ていないことに繋がる場合もあるからです。結婚に対する不安、相手に対する信頼度が少ないなどと言ったことも、マリッジブルー症状の要因となると思われます。

Copyright© 2019 症状が出たら早急に適切なところで相談しよう All Rights Reserved.