症状が出たら早急に適切なところで相談しよう

幸せを追求する

診察

心の変化を感じること

男として女としてどう生きていくのかの選択は時代の変化と共に変りつつある中でも、結婚をして家庭を築きたい気持ちは強いものがあります。特に女性はプロポーズを受けて結婚をすることになると、これからの将来像をイメージすることで、その変化についていけるのか気持ちがイズムこともあります。これは気持ちが揺らぐことによってマリッジブルー症状と呼ばれていて、女性だけではなく男性にもおこる現象です。もっぱら男の立場からこの問題を考えることが多く、無神経な男性だと結婚が決まったとたん連絡が少なくなったり、不審な行動をとってしまう人も少なくありません。そのために女性は不信感から結婚に対する「本当にいいの」となりやすく、日に日にマリッジブルー症状が進行してしまうことになります。なってしまった場合には女性からの視点も考えて、どう向き合っていくのかを理解して友人に相談したり話してみることで緩和することもあります。またあまりに気持ちが離れてしまうことが辛い場合には、心療内科や精神科でカウンセリングを受けることもひとつの方法になるので、生涯にわたって付き合っていくことを見直せます。そうすることで独占欲が取れてきたり、考えすぎによって不安を増長していることもありますので気分が晴れてきます。

結婚が決まると起こるマリッジブルー症状はどのような状態になるのかというと、まず日常のルーティンが同じでも毎日気分が優れません。そして気分が落ち込むことによって将来像をイメージしすぎて、相手への願望が強く出てしまいギャップがでてくると不安を募らせます。感情の動きになりますが原因には複数考えられて、今まで一緒だった自分の両親を離れたくないという人もいます。これは相手の家庭に入ることになるために苗字も変りますし、近くにいて支えてくれた両親がいなくなることで自信がなくなってしまうことも原因です。その他にも忙しい毎日を送っていると、マリッジブルー症状が強くなってきますので、自分の時間をもつことも必要となります。結婚の準備ということは引越しをしなくてはいけないですし、また結婚式などを挙げるための準備で打ち合わせもたくさんやらなくてはいけません。そういった今までとは違う時間を忙しくしていることで、心が疲れてしまい何をやっても楽しくなくなることもあります。結婚に対する悩みや不安はつきものなので当たり前だといわれても、納得できないことが多いので夫婦でしっかりと話し合うことも大事です。我慢することもお互いに大事ですが、やはり強いマリッジブルー症状を抱えた場合には、焦らずに解決をすることが適切になります。

Copyright© 2019 症状が出たら早急に適切なところで相談しよう All Rights Reserved.